関西支部

・管轄地域

  大阪府

  京都府

  兵庫県

  和歌山県

  奈良県

  滋賀県

・会員数

 計750名

  都立大卒 619名

  保科大卒 9名

  科技大卒 55名

  首都大卒 43名

  医技短卒 24名

・役員

1.会長(支部長)

 芦沢 清隆(都立17期 工学 建築)

2.副会長(副支部長)

 船川 和夫(都立18期 理学 化学)

 山井 愛樹(都立37期 理学 地理)

3.事務局長

 根津 嗣郎(都立32期 工学 建築)

4.幹事(事務局)

 松見 豊和(都立12期 法経 経済)

 大内 恵子(都立13期 人文 英文)

 川瀬 悌弘(都立44期 理学 数学)

 塩見 吉伸(都立48期 工学 土木)

 比嘉 英樹(都立44期 理学 生物)

 島本 賢 (首都3期 教養 経済)

・行事

    総会(年1回)

  各種行事

・最近の動き

 2023年度「関西支部の集い」の開催

第29回目の「関西支部の集い」は、5月27日(土)に「日本綿業会館」において、本部から同窓会副会長 奥田修一 様(都立大21期卒 工・建築)、大学から東京都立大学副学長 山下英明 様(上智大学大学院理工学研究科博士後期課程修了 工学博士)をお迎えし、14名の参加により開催いたしました。

「関西支部の集い」は、塩見育子さん(法・政治 47期卒)の司会進行で関西支部 芦沢会長(工・建築 17期卒)の挨拶に続き、ご来賓の奥田修一同窓会副会長から同窓会本部の情報をご挨拶に合わせてお話しいただきました。その後、山下副学長から開催の祝辞を頂戴しました。

乾杯は 関西支部 山井副会長(理・地理 37期卒)が行い、ひとときの宴と歓談の後、支部総会を行いました。総会議題は①収支決算報告の件で、事務局長 根津(工・建築 32期卒)から報告し、全会一致で承認をいただきました。

会の中で、東京都立大学 山下副学長、「東京都立大学の今」と題し、ミニ講演をいただきました。東京都立大学における近況や施策方針と共に大学がどのような方向性をもって事業に取り組まれているか、また大学の様々な活動をお話しいただき、自らが在学していたころよりも随分と国際的な活動が行われており感心するものでした。

恒例のスピーチは参加者全員から、司会が初参加の方をはじめにスピーチを求め、参加者の趣味や仕事の話や日頃考えていることをお話しいただきました。参加者はそれぞれの人となりを知ることができ、会員間のつながりに通じるものになったことと思います。

コロナ禍解除の中での開催となり、多くの参加者となることを期待しておりましたが、コロナ禍の3年のブランクは大きく、今まで参加なされていた先輩方も体力の衰えが理由で欠席となった方が多く見受けられました。例年に比較し特に、参加者が少なくなってしまったことが残念でした。

参加者が少なく寂しい開催になるかと心配しておりましたが、少ない参加者であるためかお互いにゆっくり会話をする機会を持て、とても親睦の深まる機会となりました。このつながりを広げてゆくことが支部の務めであると感じております。

関西支部の会員は名簿記載人数約900名となり、規模の大きな同窓会支部になります。今後もこの支部活動を維持発展させていきたいと考えています。

是非一度ご参加いただき、世代を超えた「つながり」を深めたいと思っていますのでご気軽にお越しください。関西在住の皆様、来年も初夏には「関西支部の集い」を幹事一同、企画を凝らして、開催いたしますので、是非参加をお願いします。

文責:関西支部事務局長・根津(32期・工・建築)